ホーム » コラム » 産後ダイエットと娘を赤ちゃんモデルにする事を計画中

産後ダイエットと娘を赤ちゃんモデルにする事を計画中

ダイエットをしていて、水分補給に炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味を飲むようにしています。肉や魚も取りながら、できるだけ野菜中心の食事にし、買い物に行き、手作りの料理をするように心掛けています。ダイエットに効く乳酸菌ドリンクやヨーグルトを摂取し、便通をよくさせるように心掛けています。ウォーキングエクササイズすることで、できるだけ自分の足を使い歩くようにもして体重減少になるように努力してます。毎日体重測定をし、体重をノートに記録することでダイエットへの挫折をしないようモチベーションを上げています。
ダイエットにはお金をかけるのではなく、普段の生活の中で手間をかけるのはどうでしょう。
例えば、床掃除をする際に、便利な道具を使うのではなく、ぞうきんを使う。

そうすることで消費カロリーは増え、ダイエットにつながりお金も浮いて一石二鳥です。

あくまでも無理せずに続けられるレベルでいいのですが、出費は減らせて消費カロリーは増えることを探していければ案外楽しくダイエットできるのではないでしょうか。

ダイエットで成果をおさめるには、やっている本人すらダイエットをしている最中であるということに気づかないですむくらいの、易しいものにすること、しんどうないもの、維持できるものであることが大事だと考えます。

私が実際にやっているのはかるーいグルテン抜きダイエットです。

完璧なグルテンフリーはとても大変です。

私は、小麦粉の製品をメインで食べないだけなので、少しの効果ですが、続けられます。

プラス一つやっているのが、食事の時は野菜を最初に食べることです。
これは食べる順番を修正するだけで、ほかにしてはいけないことはないのでとてもシンプルで、継続することができます。ダイエット成功のためにはどんなことでも偏りがあってはいけません。食事と運動、どちらかを全くしないなどでは一時的に痩せたとしても、やがてリバウンドしてしまいます。
炭水化物は少なめに、タンパク質をとったり栄養に富んだ野菜を摂ったりと栄養バランスの取れた食事をした上で適切なエクササイズを行うことで、リバウンドが起こりにくい体を作ることが可能だと思います。

減量したいというのがダイエットを開始するもっとも達成したい目的になりますが、ダイエットで体調を崩してしまってはせっかく痩せても何の魅力もありません。

ヘルシーで魅力あふれるビューティー体型を目指すならダイエット期間の食事がもっとも重要になります。しっかりとビタミン、たんぱく質、糖質などをバランスよく口にし、カロリーを摂り過ぎない食事に気を配り、そして代謝を上げる為に適度な運動を継続して行い脂肪燃焼効果を持続させることがダイエット成功の正しい道筋となります。

近頃噂になっているダイエットといえば、糖質を制限するというものです。

けどいきなり食事を変えると空腹感が大きく、そのストレスで継続は難しいです。

仮に体重が減ってもリバウンドしてしまいがちです。まずは食事方法から変えてみましょう。よく噛むことや、食事の前に水を飲むことで満腹感が増しやすくなります。
他には、野菜から食べることで糖質の吸収を下げることもダイエットに効果的です。

理想的な体重を手に入れるには食事の仕方からはじめていきましょう。ダイエットはただ食べる量を減らせばよいという訳ではありません。

食べる量を減らせば確かに一時は体重が減りますが、栄養が足りていないと体が判断するとそれを補うため、より多くの栄養を食事から摂ろうと働きます。これが食事の量を戻したとたんに前よりリバウンドしてしまうことになります。ダイエットで着目すべきなのは、体重の増減だけでなく、内臓脂肪や筋肉量といった身体の内側に目を向け太りにくい身体作りを目指すことです。急に痩せられるようなダイエットはお勧めしません。急激に体重を減らすと身体への負担が大きくなり、リバウンドしやすく太りやすい体質になってしまう。

リバウンドをしにくい体を作ることから始め、健康的に痩せていくためにはバランスを考慮した食事をし、有酸素運動の習慣をつけ、ストレッチに筋力を鍛えたりお腹の調子を正常に保ったり、睡眠の質を変えて、コツコツと努力をしていかなければならない。妊娠生活も安定期に差し掛かった頃、つわりが無くなったこともあり、一気に体重が増えました。

この調子で体重が増えると、妊娠中に体を壊すと言われ、ダイエットを始めました。私が実施したのは食事の内容を見直しただけです。それまでは特にセーブせずに食べてしまっていましたが、野菜中心のメニューにし、おやつもカロリーオフのものなど、満腹感は感じても摂取カロリーは低い内容に変更しました。
内容を変えるだけで、満腹になるまで食べていますが、太ることなく、続けられています。ダイエットを試みるときになれない運動をいきなり始めるのは困難だと思いますので、最初は食事の量を減らしましょう。
食事の前には少し水を飲むことで、胃を軽く膨らませます。

そして、食事はゆっくり摂るようにしましょう。
満腹の感覚は食事を始めてから20分後くらいから感じると言われているため、早食いは厳禁です。

最低でも30回くらいは咀嚼し、30分ほど時間をかけてゆっくり食べると良いと思います。
赤ちゃんモデル